読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃とラベンダー

天使の粉だけ 食べて生きるの

君は世界を彩る詩だ

日記

Amazonファウストサーフィンしてたらこんなの見つけたんですよ。

ポケットマスターピース02 ゲーテ (集英社文庫)

ポケットマスターピース02 ゲーテ (集英社文庫)

 

収録内容:若きヴェルターの悩み 

親和力第二部 ファウスト第二部(抄)

やだ!第2部だけとか!!めずらしい!!!!!荒俣宏*1も町井訳も高橋五郎訳も一部まで!!久保栄は二部の途中~~~~!と思ってさっそく買ってぱらぱら読んだら第二幕と第三幕がダイジェストだった!!ガッデム!!せめてホムンクルス登場のシーンくらい載せて!!

 

 

そんなわけでファウストについて。

 夢と希望に満ちている頃。

 

ファウスト〈第一部〉 (岩波文庫)

ファウスト〈第一部〉 (岩波文庫)

 
ファウスト〈第二部〉 (岩波文庫)

ファウスト〈第二部〉 (岩波文庫)

 

 

わたしがファウストを読み始めたのはいつだったかをTwitterのログをあさりながら調べてたんだけど、2014年5月4日に手塚治虫ファウスト三部作といっしょに岩波文庫のを上下買って、それで2014年5月28日に読み終えていた。早くない?

まぁファウスト(初演)の幕が上がるまでに、って思って必死こいて読んでたんだろうけど。その後色々読み比べたいからっていってとりあえず文庫ですぐに揃えられる訳を揃えたのが2014年の夏だけど、そこで揃えたうちのひとつこと池内訳を無事2016年3月7日に読み終えたのでここにご報告します。遅くない?何年かかってんだ。

 

ゲーテ『ファウスト』全2巻セット (集英社文庫)

ゲーテ『ファウスト』全2巻セット (集英社文庫)

 

 

 

ひとつ言い訳をするとしたら、岩波を読み終えて以降、相良訳をベースに他の訳の好きなとこをつまみ食いして色々比較する遊びに気持ちがシフトしたせいであって……別に誰に言い訳する必要も無いのだけど。あと文庫のファウストは風呂場で音読することにしてるんだけど、池内訳はあんまり音読が楽しくなかった。あっさりしすぎなんだよなぁ~!もっとゴテゴテしてないと、陶酔できない!ただ少年馭者のところは良かった!!

厄介な荷を下ろした。自由におまえの世界へ帰れ。ここはおまえのいるところではない。ひどいやつ、いじけたやつ、ゆがんだやつばかり。青空ののぞくところ、おまえのいるべきところ、美と善のあるところ、ひとりきりのところ、そこでおまえの世界をつくれ。

美しい。

 しかしなにいってんだこいつは。

 

 

あとやっぱり内容をざっと掴むのには池内訳は助かったというか、クライマックスのところは池内訳を読んでしっかり絵が浮かんだ感があるので、読んで良かった~って思った。これで通読したのは相良・小西・池内訳になりますが、頻繁に読んでるのは手塚訳とあと佐藤訳で、この二つは本当に良い。何がいいって読みやすさと格調の高さが絶妙なところ。なので通読はしていないけどつまみ食いしまくっている。ただこの二つ、絶版なのだった……中公の第一部はちゃんと買えるよ!

 

ファウスト 悲劇第一部 (中公文庫)

ファウスト 悲劇第一部 (中公文庫)

 

 

で、次はほぼ手つかずの高橋訳の通読に入ることにした。今手に入るファウストの中でわたしはこれが一番読みにくいと思うんだけど*2森鴎外訳も初っぱなで度肝抜かれるだけで本編入ってしまうと意外と読めるから、読んでいく内にまたどっぷり浸れるかも知れない。それを期待して読む。で、通読してると大概途中で飽きるから(ワルプルギスの夜とか仮面舞踏会のとことかペネイオスのとことか)そのときは気晴らしに別の訳本から好きなところを読んで……そんな風にしているからコインロッカーベイビーズが延々読み終わらないのであった。

 

 

新装版 コインロッカー・ベイビーズ (講談社文庫)

新装版 コインロッカー・ベイビーズ (講談社文庫)

 

 読もうとするとカンブリア宮殿の主が浮かんできていかん。

 

*1:アメリカではファウストは第一部までみたいなところあるらしい。わかる。

*2:個人的にはこれと柴田訳が読みにくさ二強