読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃とラベンダー

天使の粉だけ 食べて生きるの

ちなみにボタンとかスイッチを押すのも大好きだ。

日記

 

 

  

1年前に欲しすぎて畳の上で意味なく前転したガジェットことタイプライター風キーボードAmazonで買える(代理店経由で)と知っては?え?絶対買う!!と意気込んでいたら某事務王からよくわからないニュースが飛んできた。

 

www.itmedia.co.jp

www.kingjim.co.jp

 

ポメラが「ネットが出来ないからこそ集中できて良い、文字入力だけ出来るところが美徳」と散々言われてアイデンティティを確立しているというのに…?と思うし、正直t90chiに競合した上で全く勝ち目の無い戦いだと個人的には思うのですが。。

 

 (だって新t90chiはこの値段でWindows10でOffice mobile付いてるんだよ)

 

で、うわー、絶対売れないだろうなー誰が買うんだろうなーと思いながらアスキーストアで注文しかけているのがわたしです。Qwerkywriter 用の予算を当て込んで大火傷するか、無難にQwerkywriter買って多少の火傷で済ませるか、あるいは両方買うか。迷うところです。迷う余地無いだろ、って感じだけど、理性よりも衝動がわたしのエンジンなの……。わたしの物欲がどっちに舵を切るかは年が明けてからのお楽しみだよ!

 

ちなみにt90chiについては新型が出る一ヶ月前くらいに旧型を買ってますが、正直ほとんど不満は無くて、強いて言えばヒンジの開く角度が狭いことなんですけど(メニューが押しづらい)、タッチペンを使えばどうとでもなるので大丈夫。エクセルとかゴリゴリ使う人には厳しいかもしれないけど、そうでなければサブマシンとしてはかなりコスパの良い素敵なお友達になってくれる気がする。

キーボードの打ち心地は、わたしにとっては可も無く不可も無く。ポメラDM100よりストローク深くて押してる感じがある。わたしはここ最近はほぼZ4たぶちゃんをメインに使うんだけど、Z4たぶちゃんより断然安いから人に勧めるならこっちだな。ちなみにポータブックの値段でZ4たぶちゃんが買える。ほんと、誰がポータブック買うんだろう。わたしかな。

 

とにかくキーボ―ド付の端末が好きで、見知らぬ人がパソコン使っている動画とか意味なく見てみたりInstagramで画像を検索してみたりしている。ドヤリングの画像とか大好物なので嬉々として見てるし、現場に遭遇するとこっそり、ちらちら見てる。ある種のフェチなんだろうけど、何に起因しているのかはわからない。

わたしがキーボードに最初に触れたのは小学生の頃、多分ワープロ専用機がお初で、突然家に現れたそいつをわたしは夢中になって弄ったし、それがパソコンになった後も変わらずにガチャガチャやってた。あの頃何をしていたんだろう、とおぼろげな記憶を辿ってみると、確かよくわからない物語を作ったり、空想の設定を書いて遊んでいたような気がする。今とあんまり変わってなかった。

あの頃はただキーを押したら自分の考えていることが文字になって、それが白い空間を埋めるということだけでもう楽しかった。わたしは0から1を創り出すことができる。自分だけしかいない暗闇に「光あれ」と叫ぶように、キーボードを叩けば自分の思ったように文字が躍る。生み出された言葉はわたしの世界において確かな真理を、わたしの流儀で的確に突く。なんてたのしかろう、と思う。思った。小さい頃に覚えた万能感をわたしは今も引きずって、その夢を追うように理想のキーボード付きガジェットを求めているのかもしれない。マーテルの器を求めるユグドラシルみたいに。まぁ、多分ポータブックはわたしの求める完璧な機体じゃないんだけど。

ちなみにこの、おもいでのわーぷろ話、家族に言うと「うちにワープロなんてなかったけど……」と言わるのでちょっとしたホラー体験というか空脳感があるんだけど、ワープロ絶対うちにあったって…あったよ……。

 

 

とりあえず、常に何かが欲しいんだっていう話でした。ミニマリストへの道は遠い。というより、道が見えない。