読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃とラベンダー

天使の粉だけ 食べて生きるの

「中途半端な化け物として死ぬんですね」

中塚さんの声はよく通るのでこの台詞もまぁ美しく刺さること刺さること!

 

 

SHINSENGUMIを見てきた話をするのを忘れていた!!ということで今日はその話します。

 

10/4、D☆Dファンの友人の誘いで再演SHINSENGUMIを見てきました。

わたしは初演SHINSENGUMIがなんでかわからないけど*1ものすっっごく好きで、再演なんてロクなことにならないんでしょう?!とちょっとだけ思いつつ*2それでも中塚さんのがっちりしてるのにどことなくフェミニンでセクシーなダンス、そして朗朗と歌い上げる狂気の人斬りソングが聞きたくてお友達に強請ったら連れて行ってくれました。かなり前の方の席で。お陰で綺麗な筋肉をたくさん見れたし松慎のシックスパックと胸筋を堪能することができました。持つべきものは趣味の幅が広い友人です。

相変わらず中塚さんのダンスはとてもしなやかで綺麗だな、もっと見たいなと思ったし元気いっぱいに「戦場での殺しは罪にならない~!」と歌っている姿にはにっこりとさせられました。なるよ。中塚さんはとても綺麗な声をしているし聞き苦しいことはないのです。わたしには音感が無いので人が音を外していてもあんまり気にならないし、だから彼のこともそこまで下手とは思わないですが、ただ周りが上手いのでさすがに、そこと比べちゃうとわたしでも色々分かるので、何ていうか……でもパロメーター数値ってほんと人それぞれだと思うし、初演より歌上手くなってるし(もっと前はもっとアレだったらしいと教えてくれた)お友達曰く「歌うことは好きみたい!」なので、今後も楽しく歌って欲しいなと思う次第であります。

再演に伴いキャストは何名か変更になっていたのですが、そろいもそろって歌が上手くて、銀河劇場が揺れてました。特に藤岡さんはASAYANCHEMISTRY誕生を見届けた世代としてはなかなか胸熱なところがありましたし、女装が「男が女装している!!!」っていう感じが強めだったところに好感が持てました。ほら、良知さんは普通にかわいかったからさ、それはもちろん美味しくいただいたんだよね。

早乙女くんは、初演でも一人抜きん出た殺陣スキルを発揮していたと思いますが、再演においてはもう、正直ジャンルが違うわーって感じ。一人動きがヌルヌルしてるからすごかったです。松本慎也さんにはおっぱいがありました。明らかにひとり衣装を押し上げて主張する胸筋を見ながら、「あぁ、この人を2年前にここで見てしまったせいで、今わたしはスタジオライフ沼にいるんだなぁ」と感慨に耽ったものです。お金は貯まらぬ一方ですが、少年十字軍の松本慎也さんも最高でしたので悔いは無いです。たなかくんを見初めて帰ってきましたけど。

このご時世に見ると何だか色々と考えてしまうところはあったけど(維新の話なのでしょうがない)、それでも相変わらず「何かよくわかんないけどすっごい楽しい舞台」であってくれたSHINSENGUMI、ありがとう。とてもとても楽しかった!大政奉還の歌がたまらなく好きです!!いのちで~あがなえ!あと泰右くんのアドリブシーンの餌食が中塚さんと松慎だったのがすっごいわたし得でした^^

f:id:isumi:20151022203400j:plain

 

ここまで書いて思ったけどわたしの観劇ブログって本当に内容についてどうこうじゃなくて、観劇しての、わたし!みたいなところある。とんだナルシスヲタクだ!公演名で検索してきた人には外れ引いたと考えること請け合い!ABC座については覚えてたら11月頃書くんじゃないかな。

*1:イかれているからかなぁ

*2:PTSD