読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃とラベンダー

天使の粉だけ 食べて生きるの

「だからわたしたち男なんてお呼びじゃないのよ」

観劇

題名はセーラームーンのなかでとにかく好きな台詞です。戦う乙女はかっこいい。大切な誰かのために戦う乙女はもっとかっこいい。。

 

 

9月26日(土)にセーラームーンミュージカルを見てきました!

 

f:id:isumi:20151001211353j:plain

 

sailormoon-official.com

セラミュは元々友人がたいそう好きで興味はあって、しかも今回は幼少期に恋した土萠ほたるちゃんが出るデスバスターズ編だと聞き「わぁい行きたい行きたい><」とゴネたら、汐月しゅう氏のファンである友人がチケットを用意してくれました。持つべき者はヲタクの友人だ!ウラヌスかっこよかった!!

 

そんなわけで初演ファウストぶりにアイアシアターに足を踏み入れました。再演初日のときに泣きながら「アイアに帰りたい……」と零したわたしですが、いざ帰ってみると足下冷えすぎで目が覚めました。あと本当に歌が上手い人はアイアでもちゃんと上手く聞こえるということがわかった。

f:id:isumi:20151001211612j:plain

 平凡な小学生であったのでもちろんセーラームーンは大好きでアニメもがっつり見ていたのですが、当時わたしが見ていたアニメの口調をしっかり踏襲して舞台上に立つキャストの皆さんに感動しました。五戦士ほんとまんまなんだもん!

 

しっかり作られているから(セーラームーンに興味さえあれば)初見でも充分楽しいと思うけど、90年代のセーラームーン原体験がある大人は背筋がぞくぞくするほど興奮するんじゃないか。細部まで作り込まれた舞台に愛をたくさん感じました。セーラー戦士は愛の戦士達だなぁ。

今の五戦士たちは今回の公演で卒業とのことで、わたしが見た回ではまこちゃんの卒業式をやってました。初めて見たくせにうっかり泣いたので3年間見守ってきたファンの人たちは号泣ものだと思います。卒業は新たなステップだと前向きに未来を語る高橋ユウさんくしゃっとした笑顔が素敵で、かっこいいまこちゃんでした。

外部三戦士、とりわけウラネプはなんかウラネプっていう概念を切り出して実写化したらこうなるよっていう見本のようなウラネプでした。わぁー!これが百合界のカリスマかぁ!!あとセーラープルートのデッドスクリーム、アニメ版は本当に悠久の時を孤独に生きてきたっていう声だったけどそれよりすこし人間味が増した感じだった。でも佇まいは本当にセーラープルート!そして何より声が良い!「スモールレディ」って呼ぶ声の優しさ、美しさったら!ほたるちゃんは年相応の少女らしさが強調されていてかわいらしかった!

飽きるタイミングがないほどにテンポ良く物語が進んでいくので(まぁ原作がいい&わたしの記憶に染みこんでいるというのはあるけど)本当に面白かった。アニメ的な演出をよくあそこまで舞台で再現できるなぁ。なにより原作へのリスペクトを感じられるよい2.5次元舞台でありました。大千秋楽はライブビューイングやニコ生配信があるらしいから興味のある方はぜひぜひ。

sailormoon-official.com

 

ブラックレディ編も見たかったなぁ~。 

 

 

そしてアイアは相変わらずアイアだったのですが、なんかここまで駄目だと出来の悪い子どもみたいでいっそかわいく思えてきました。恐らく初演ファウストと同じく駄目な子ほどかわいいというやつである。次またアイアですって言われたらちょっと考えるけど。。