読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桃とラベンダー

天使の粉だけ 食べて生きるの

2/7 夏の夜の夢を見てきた

1月末に夏の夜の夢若手verを見たらやっぱりベテランverも見たくなって、でも見れそうな日程は全部前売り終わってるしどうするかどうするか…ってうんうん悩んで、気付いたら中野駅に立っていました。

 

 

結果当日券で無事ウエストエンドスタジオに潜入することができました。ばんざーい!でも開場まで近くの喫茶店でまったりして、いざもう一度会場に行ってみたら完売御礼だったから本当にラッキーだったのかも??

f:id:isumi:20150216194518j:plain

ちなみにウエストエンドスタジオ近くの喫茶店、本棚のラインナップがなかなか素敵。居心地のいい空間で、Jazzを聴きながらのんびり開場を待って、いざ入って見たらほとんど席が無くて血の気が引いたのでウエストエンドスタジオの開場待ちの人はあんまりまったりしすぎないことをお勧めします。

 

 

入口では若林君が普通にもぎりやってるし千葉君鈴木君が客案内してるし、何度も言うけどライフの距離感慣れない。

こう書いてもライフ知らない人には誰だよっていうところなんだろうけど、この間ステージでそれはそれは八面六臂の大活躍を繰り広げた役者が、普通に同じ板にいるっていうことがもうとんでもない奇跡のような気がする。でもライフはそういうところなわけで……ハロプロとジャニーズしか知らないわたしにはカルチャーショック。(お笑いは同じ板どころの話じゃないかもしれないけどわたしがスーッと逃げていくのでカウントしない)(そういえばわたし東京03が物販立ってるの一回も見たことない)

 

 

さて、本題の舞台ですが、正直前回の興奮は若手役者だからこそのエネルギッシュさとパワーに飲まれたのかな?とちょっと思うところもあったのですが大いなる勘違いでした。夏の夜の夢のパワーすごい。ていうか、ライフ役者のバイタリティ怖い。松本プロテイン慎也の有り余る身体能力SUGOI!YABAI!

もちろん若手陣の体当たりな演技とは違った円熟味というか、全員が全員、隙の無いキャラクター作りをしていて本当にすばらしい公演でした。

特にハーミアのプロテイン松本さんはヒポリタのときの神々しさとはまた違った、都会的な美少女でした。完璧に女だった。筋肉のことは開始数秒で忘れた。表情の作り方とかほんとに……ほんとに。

ヒポリタの時もそうだけど、もっというと初めて見たSHINSENGUMIでもそうだったけど、この人は舞台に立った時に隙が無い。頭のてっぺんからつま先までそのキャラクターを降ろしている。こういう人が近くにいたら、そりゃあ刺激されるよねぇ~~(少年十字軍特典の憧れの先輩のくだりを思い出しながら)

喧嘩コントのときにちょいちょい内輪ネタを挟んでいたけれど、正直あんまり気にならないというか、多分勢いに押されてそんなこと気にする余裕がないのでは…??気にするのはヲタクだけってやつでは……とドドド新規は思った。ていうかプロテインさんが松慎だってことは一目瞭然だしな……。関戸さんのすっぴん一重は、あ、そうなんだな……って思ったよ!^^

 

それぞれがステージにおける揺るぎないスタンスを持っているからこそ、ぶつかり合った時のパワーがとんでもなくて、ウエストエンドスタジオの酸素が足りない事態でした。正直、頭くらくらしたよ!^^秘密倶楽部かな?^^

本当はあと一回見たいけど、ライフも今年いろいろ畳みかけてきそうなので(ていうか来るので)ここで打ち止め。担当が出ないから若手公演一回だけ行けばいい、とか言ってたのに幕が開いたらこのザマだよ!スタジオライフ沼おそろしい。おいでよ倒錯の沼!